Select Menu
  • 男子注目!花贈り指南
  • 花贈り指南 BASIC
  • スペシャルインタビュー
  • 長谷部 健さん
  • 宮本 笑里さん
  • 特別インタビュー
  • 井上 英明さん
  • バックナンバー
  • 干場 義雅さん
  • 土田 康彦さん
  • 山本 晃弘さん
  • 別所 哲也さん
  • 渡部 建さん
  • ハリー杉山さん
  • 太田 光代さん
  • 哀川 翔さん
  • 楠本 修二郎さん
  • 夏木 マリさん
  • パンツェッタ・ジローラモさん
  • 竜馬さん
  • 織戸 学さん
  • 朝比奈 悟さん
  • 中江 功さん
  • 前田 慎也さん
  • ウィリアム・アイアトンさん
  • ローラン・ボーニッシュさん
  • ルーカス・B.Bさん
  • 宍戸 純さん
  • ホームへ戻る

モバイルでFacebook版
フラワーバレンタインにアクセス!

フラワーバレンタインに関する最新情報はFacebookで!モバイル版はこちらからアクセス!

Special Interview

別所 哲也さん
プロフィールはこちら

Interview

ふと思いつきであげた花、目の前の彼女がメチャメチャ喜んでくれたんです

バレンタインデーはチョコレートをもらう日ということで学校の行事のようなものだったと思うのですが、何かバレンタインの思い出はありますか?

僕が通っていた中学の制服はブレザーだったのですけど、何かね、バレンタインのチョコを女子が男子に直接渡すんじゃなくて、ちょっと違う習慣だったんですよ(笑)
例えば、理科とかの授業で他の教室に行くじゃないですか、その時ブレザーを教室の椅子にかけて置いておくのですね。そうすると、女子がブレザーのポケットにチョコを入れるんですよ。教室に戻ってきて、ブレザーにチョコが入っているかどうかが勝負!みたいな。教室に戻ってきてブレザーを確認して「やった!」って感じ。
よくある下駄箱じゃなくて、たくさんもらえる人はブレザーの内ポケットとか横ポケットにチョコがいっぱい入っているという文化だったのですよ。

おもしろーい!中学生かわいいですね。渡部さん、きっとすごくモテたのでは?!

いえいえー、それが全然ダメだったんですよ(笑)

さて、女性に初めてお花をプレゼントしたのはいつでしたか?

そういったら母の日とかですかね。学校行事で学校でチューリップとか育てたじゃないですか、それを母の日にお母さんにあげよう、みたいなのが最初だったと思います。
うーん身内以外だと・・・若手の頃、20代前半の話ですけど、よく学園祭に呼ばれてネタやりに行ったりするわけですよ。そうすると学校側が、「今日はアンジャッシュさんが来てくださいましたー」って花束を頂いたりするのですね。でもいつもせっかく頂いても家に帰ってからどうしたらいいのかわからなくて、一度彼女にあげてみようかな、って思いつきで思って。

当時付き合っていた彼女だったんですけど、結構でっかい花束で「これ邪魔だけど邪魔にならない?いる?」と言って渡したら、もうメチャメチャ喜んでその子が。あ、自分で買ったわけじゃないんですけどね(笑)
でもそのときに、「ああ、女の子って花もらうとそんなに嬉しいんだ」って、気づきました。花は喜ばれるって漠然とわかってはいたのですけど、体感したのはその時かもしれないですね。

通りがかりの花屋さんで旬の花を見つけたから、特別な日じゃなくて何もない日に、そんな風に贈ってみたい

芸能界のアテンド王が教える
最強の店77軒
渡部 建

出版社: 文藝春秋
定価:本体1,300円+税
発売日:2014年09月26日

渡部さんといえばグルメ、昨年もグルメ本を出版されて大好評ですよね。シチュエーション別にレストランを使いこなしてらっしゃるイメージですが、何か記念日にレストランで女性にお花をプレゼント、みたいな場面って今までにありましたか?

32、3才頃ですかね。オーナーがお知り合いのレストランで、彼女の誕生日の前夜に誕生日祝いをしてて。で、何かサプライズっぽいことできないかなって考えたんですよ。客席が50席ぐらいで、厨房にも7~8人いるような大きなレストランだったんですけど、ちょうど彼女の誕生日の「0時」になった瞬間に、フロアの店員さんから厨房のコックさんまで全員が仕事の手を止めて1輪ずつバラを彼女に持ってきてくれる、っていうサプライズをやったことがあります。

ええー、ステキ~♪それはすごいびっくりされたのでは?

すごく喜んでくれましたね。仕掛けた僕も嬉しかったですよ。

もしこれから、すごく大切な女性にお花をプレゼントしたいと思う時、渡部さんだったらどんなことをされるのかなーって。こんなことをやったら喜ばれるんじゃないかとか、もしアイディアがあればぜひお聞かせください。

そうですね、多分花をあげることが非日常だと格好良くないと思うんですよ。だからもう極端なことを言うと、ここに来る途中花屋で素敵な花があったから買ってきたよ、ぐらいなことだと思うんですよね、花のプレゼントって。だから記念日はもちろんですけど、何もない日でもね、きれいな花を見てその人のことを想って花を買えたらかっこいい男だと思いますね。

あー、そんな風に花をプレゼントできるような男になりたいですよね。特に策があるわけじゃないんですが、例えば魚だったら今の季節にこの魚が出てきたから食べようかみたいなことが、きっと花にもあると思うので。花の旬に詳しくなれば、今このお花が出たてだから買ってきたよ、とか、すごくスマートですよね。

わあ、それはすごく素敵ですね。何かもっとイベントちっくなことを考えられるかと思っていたので、渡部さんの意外な一面を拝見した気分です(笑)

花をサッと贈る姿が様になっている男って全てにおいてバランスが取れてる男だなと。

女性が花をもらうと驚くのと同時にすごく笑顔になるって先ほどの20代の頃のご経験のお話されてましたが、そんな女性の笑顔って男性から見てどうなのでしょう。

いや、やっぱり喜ばせようと思ってしてることですから、喜んでくれるに越したことはないし、素直に喜んでもらえるとすごく嬉しいですね。
プレゼントした自分のほうが幸せな気持ちになる感じもします。

やっぱりそうですよねー。日本の男性、もっと女性にお花を贈れば彼女も自分もハッピーになれることに気づいてない感じです!
これから大切な方にお花を贈ってみようかなーという男性へ、
渡部さんから応援メッセージをお願いします。

今僕自身もなかなか自分で花屋さんに、ってことができてないんですけど、花をプレゼントすることを日常的にしたいんです、憧れます本当に。
こういうことができる男が多分最強だと思うんです。

レストラン選びもしかり、大人の男に必要なことっていろいろあると思いますが、花をサッとプレゼントして様になる男って、多分他のことも全てすごくバランスがとれてたりすると思うんですよね。花をプレゼントするっていうのを習慣にするのは、男のステージを一段上げる気がします!

僕もこれから頑張りたいなと思ってますので、フラワーバレンタインをきっかけに皆さまも一緒にね、ぜひ頑張りましょう!!

渡部さん、ありがとうございました。今でも素敵な渡部さんですが、これから花贈りでますます大人の男性としての魅力アップ間違いなしですね。J-WAVEの番組放送も楽しみにしています!

(取材&TEXT N.OGAWA)

Information

Flower Valentine with J-WAVE

バレンタインに花と音楽を贈ろう。

2月2日(月)~14日(日)まで、J-WAVEの13ワイド番組にて、
男性パーソナリティによるフラワーバレンタイン企画を実施します。
もちろん渡部さんの番組「GOLD RUSH」でも2月13日(金)にご紹介いただく予定です。お楽しみに!!

この素敵なタイアップ企画の詳細はこちら

GOLD RUSH
お問い合わせプライバシーポリシー主催団体会員企業FVサポーターPage Top