Select Menu
  • 男子注目!花贈り指南
  • 花贈り指南 BASIC
  • スペシャルインタビュー
  • 長谷部 健さん
  • 宮本 笑里さん
  • 特別インタビュー
  • 井上 英明さん
  • バックナンバー
  • 干場 義雅さん
  • 土田 康彦さん
  • 山本 晃弘さん
  • 別所 哲也さん
  • 渡部 建さん
  • ハリー杉山さん
  • 太田 光代さん
  • 哀川 翔さん
  • 楠本 修二郎さん
  • 夏木 マリさん
  • パンツェッタ・ジローラモさん
  • 竜馬さん
  • 織戸 学さん
  • 朝比奈 悟さん
  • 中江 功さん
  • 前田 慎也さん
  • ウィリアム・アイアトンさん
  • ローラン・ボーニッシュさん
  • ルーカス・B.Bさん
  • 宍戸 純さん
  • ホームへ戻る

モバイルでFacebook版
フラワーバレンタインにアクセス!

フラワーバレンタインに関する最新情報はFacebookで!モバイル版はこちらからアクセス!

宮本笑里さん
プロフィールはこちら

Interview

インタビュー前、J‐WAVEの番組 『JK RADIO TOKYO UNITED』 に生出演されていた宮本笑里さん。番組の最後に、6000件ものリスナー投票で決まった「宮本笑里にカバーしてほしいJPOP」、1位となったJUJUさんの「やさしさで溢れるように」をスタジオで生演奏、あまりの美しい音色に、スタジオの周りに集まった人々は、しばし吸い込まれるように呆然と聴き入っていました。J‐WAVEを通して多くのリスナーに感動を伝えた演奏後の笑里さんに、今回お話を伺いました。

子ども時代、ドイツで生活していた時期があるそうですが、ドイツでの花にまつわる思い出は何かありますか?

お花は、私の母がすごく大好きで、ドイツの家の庭はいつも母が植えた花でいっぱいでした。本当に植物を育てるのが大好きで、バラや、イチゴなども一緒に育てていたことをよく覚えています。
母方の祖父から受け継いだ、白い大きなバラがあるのですが、母も私もその白いバラが大好きでした。お花が大好きな母がいるので、良い想い出がいっぱいあって、 自然と私も、「ああ、このお花いいよね」って感じたりするきっかけを作ってもらったなと思います。

おじいさまのバラを受け継いで・・・素敵なご家族の記憶ですね。お母さまの影響で笑里さんも花が大好きなことがよくわかりますね。

はい。ドイツで暮らしていた家の近くには、大きな森や公園があったり、庭をこだわりのシークレットガーデンにしているお宅があったり、自然があふれた場所でした。友達の家に遊びに行っても、ホームパーティーに行っても、どこの家も庭や家の中にお花がいっぱいで、お花大好きなお母さんが多かった印象です。
今回の「フラワーバレンタイン」のお話しを最初に伺った時、ほんと素晴らしいなと思いました。

えっ!本当ですか?それは私たちもすごく嬉しいですねー。 でもどうしてなのでしょう?!

多分ずっと日本で暮らしていたら分からなかったことだと思うの ですが・・・ドイツの中学校に通っていた時、バレンタインになると、 男子たちが皆ロッカーにバラを1本入れるんですよ。さらに、好きな子には赤いバラで、お友達にはピンクって、色で意味が違っていたり・・・
何本プレゼントしても良いのですけど、基本は1本のバラ。 それをお目当ての女子のロッカーに隠すように入れておくのです。しかもそのバラ、花屋さんが学校に配達に来てくれるんですよ。

へぇー、面白い!ロッカーにバラを入れちゃうんですね!ロマン ティックでいいなー(笑)日本の女子が下駄箱にチョコを入れる のと似てますね。

最初は、中学生なのにそんなキザなことして〜、と思ったんですけどね(笑)。ドイツのバレンタインデーではそれが当たり前でした。 日本に帰ってきてみたら、「日本は女子からチョコか」 っていう(笑)。

日本のバレンタインデーも、男性からもお花をあげればいいのになって、日本もドイツや世界のようになればいいのになあって、ずっと思っていたので、「フラワーバレンタイン」のお話を聞いた時、すごく素敵と思ったんです。

ありがとうございます! 笑里さんご自身、花をもらってときめいた出来事とか、ご経験ってありますか?

男性からお花を贈られるのは、そのドイツで過ごした中学生の時が初めてだったので、その1本のバラにすごくキュンってなったことを今でもよく覚えてます。

ああほんと、いいなあ(笑)。日本の女子には子どもの頃にそういう体験、ないですものね。

数年後、日本でも当たり前になってたら面白いですよね。

ご主人さまからもお花はプレゼントされますか?

そうですね。お誕生日やバレンタインや、結構こまめにくれ る人だと思います。忙しい時は無理しなくていいよって言うんですけどね(笑)。父も花好きの母によく花束を贈っているので、似ているかもしれませんね。

忙しくても花は欠かさない!素敵なご主人さまですね!!
ご自身でお花屋さんに行かれたりもされますか?!

仕事柄いただく機会も多いですが、自分でも花屋さんによく足を運びます。実際に自分の目で見ると、「今はこの花が旬で良さそうだな」っとか、香りを感じるのも嬉しいです。贈る相手の、「きっとこういう花が好きなんじゃないかな」と選ぶことも大好きなので、花屋さんに行くことは多いですね。

よく小さな花束も売ってますよね。ちょっとしたプレゼントや、自分へのプレゼントにもよく買います。忙しい時でも小さな花束をそのままちょっと飾るだけでも気分が違います。やっぱりお花があるとお部屋の空気が変わるというか、 華やかになりますよね。テーブルコーディネートも余裕がある時にしますが、食器とお花をあわせてみたり、楽しいです。

そうそう、笑里さんのブログ拝見したら、お料理もちゃんとやられてて、偉いなあと。

いえいえ、そんな完璧ではないんですけど、お花があるこ とによってテーブルがぱっと明るくなるので。 小さな花瓶をいくつか持ってるので、バスルームや家の中 のいろいろな空間にこまめに飾っています。

まさに”花のある暮らし”をされていらっしゃいますね!

はい、暮らしの中に花があるって大事なことだと思っています。お花の存在って偉大だなあ、って感じていますよ。

わあ、本当に嬉しいですね。 日本の中学校でも女子のロッカーにバラが贈られる日がくるよう(笑)、私たちも頑張ります! 笑里さん、本日はありがとうございました!

宮本笑里

★デビュー10周年記念アルバム 2017年4月発売予定

★10周年記念コンサート

2017年7月22日(土) 17:00開場 18:00開演
東京 Bunkamuraオーチャードホール
公演に関するお問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックに花の写真を 「#フラワーバレンタイン813」をつけて投稿いただいた方のなかから抽選で20組40名様を3月14日(火)のホワイトデーに開催される「宮本笑里 花いっぱいのコンサート」にご招待します。今年のバレンタインデーも花と一緒に音楽 を贈りましょう。

J-WAVE フラワーバレンタイン特設サイト

(INTWRVIEW&TEXT T.HAINO, N.OGAWA)

お問い合わせプライバシーポリシー主催団体会員企業FVサポーターPage Top